高浜市議会議員・柳沢ひでき
HOME 私の提言 自己紹介 活動ブログ ご意見・ご感想

愛知県高浜市の市議会議員、柳沢ひできオフィシャルサイト。高浜市の市政についてなど、ご意見ご感想をお聞かせください。


文字サイズ中大大大


2017年02月02日

大津市での議員研修会 (車中より)

1486027573967.jpg1486027585775.jpg1486027593032.jpg1486027599371.jpg1486027610840.jpg
今朝、高浜市をバスで出発し、昼から大津市議会の議会改革での取り組み『議会ICT化』と『議会BCP』について教えて頂きました。

議会ICT化は安城市をはじめとして近隣自治体のなかでも、スタートしております。また知立市でも少しずつ進めてられております。
大津市では、導入当時、議員向けの研修をしっかりと行ってもらえる事も含めて企業選定をしたそうです。
導入のきっかけは、議場の設備の故障からで、まずは、赤外線マイクや大型モニター、放送設備、電子投票システムを議場に導入。
また議場正面に大型プロジェクターを配備して、傍聴席の方々にも、資料を配布しなくても、見やすく分かりやすいようにし、またネットを活用し議会が多くの方に見ていただけるよう整備してありました。
またタブレット端末の導入により、今まで使っていた紙代約200万円の節約、議場や委員会でのやりとり、運営の簡素化、日常のスケジュール管理、一般質問などの資料など、様々な面で活用されておりました。
これからの情報発信のあり方を考えてみても、やはり議会改革の中で必須になってくるものだと改めて感じました。

議場でICT化の説明を受けた後は、委員会室に移動し、議会BCPです。

業務継続計画は、東日本大震災時に多く取り上げられていたのですが、多くの企業や自治体において、被災時に日常の業務が機能しなくならないよう、事前にしっかりとした行動計画を作っておくことで、高浜市の議会には、またありません。
なかなか進まない理由@は、被災時に議会や議員としてより、まず地域。そんな考え方が強いからです。
市は災害対策本部を立ち上げ、迅速に地域の自治会などと連係し、被災状況、安否確認、物資の配給などを行いますが、議会として、市のようなことは行いません。
しかし、一定の期間を過ぎると、復旧・復興に向けて動き出さなければなりません。その時に議会も市と同じように、被災状況を認識し、市の予算を議決したり、県や国へも要望・要請をしていかなければなりません。
大津市議会では、発災から3日までは、議長、副議長、委員長や会派の代表者で災害対策会議を回し、その後は議員全員で会議を進めるそうです。
地域も大切ですが、議員として、市全体のことを考えること。やはりこれが大事なのです。
また、なかなか進まない理由Aですが、滋賀県の県庁所在地である大津市ですら、法規に精通した職員が、議会局にいなかったそうです。市にお願いして、総務課の法規に精通している職員を、議会局に来てもらったそうです。
災害対策の条例も、他の条例もですが、議員による立案となると、なかなか他の法律や条例との兼ね合いもあり、条文の整備はハードルが高いです。
高浜市は職員数も少ないので、時間がかかってしまいますが、この2年間で制定まで漕ぎ着けたらと思います。

ちなみに、大津市役所も本館、別館、新館と3つの建物にわかれてるのですが、新館以外はまだ耐震が十分ではないそうです。

大津市の副議長さん、議会局議会総務課長の清水さん、今日はありがとうございましたm(__)m
posted by 柳沢 at 18:27| Comment(0) | 活動ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


PAGE TOP

HOME   |   私の提言   |   自己紹介   |   活動ブログ   |   お意見・ご感想

高浜市議会議員 柳沢ひでき オフィシャルサイト

〒444-1322  愛知県高浜市二池町四丁目1番地1 さくらハイツ201号  [TEL] 0566-52-7122  [FAX] 0566-52-7122